生活いろいろどっとこむ

このサイトでは、気になること、役立つことなどについてご紹介していきます。

日常のいろいろ 雑学いろいろ

JAXAってなんの略?種子島や筑波の宇宙センターって?

投稿日:2017年6月30日 更新日:

 人工衛星をロケットで打ち上げたりするときにJAXA(ジャクサ)って聞くけど、何をしているところなのでしょうか?NASA(ナサ)とは違うの?

また、種子島宇宙センター、とか筑波宇宙センターとかって何をするところなのでしょうか?みてみましょう!

スポンサーリンク

JAXAってなんの略?

 JAXAってロケットの打ち上げの時なんかに聞くけど、JAXAとはいったい何の略なのでしょうか?

JAXAとは「Japan Aerospace eXploration Agency」の略です。

Japan 日本
Aerospace 航空宇宙
eXploration 探究、探査
Agency 機関

こんな感じの意味で、正式名称は「宇宙航空研究開発機構」。
日本の国立研究開発法人です。

「JAXA」とかいて「ジャクサ」と読みます。

ときどき「NASA」とごっちゃになっちゃく方がいらっしゃいますが、「NASA」は「アメリカ航空宇宙局」でこちらはアメリカの機関で、宇宙開発などを担当しています。

 設立は2003年10月1日です。

もともとあった3つの機関、

ISAS:宇宙科学研究所
NAL:航空宇宙技術研究所
NASDA:宇宙開発事業団

が統合されて発足し、これによって研究・開発・利用が一貫して行えるようになりました。

本社は東京都調布市にあります。

宇宙科学などに関する研究や、人工衛星の開発、追跡運用、ロケットの打ち上げなどの宇宙開発を行っています。

気象観測や航空管制が目的の「ひまわり」

月の周回観測が目的の「かぐや」

国際宇宙ステーション (ISS) の宇宙実験棟「きぼう」

宇宙ステーション補給機「こうのとり」

前身の ISAS が2003年(平成15年)に打ち上げた「はやぶさ」は2010年(平成22年)地球に帰還し、話題になり、映画化されました。

JAXAの種子島宇宙センター

 JAXAの施設はいくつかありますが、有名なのは鹿児島県にある「種子島宇宙センター」です。略称は「TNSC」。

JAXAの筑波にある別の施設の(TsuKuba)と区別するために種子島宇宙センターの略称には「N」が入っています。

TaNegashima
Space
Center

種子島宇宙センターは人工衛星を打ち上げるための施設で、ここからロケットが発射されます。ロケットが打ち上げられるときに見るニュースの映像でおなじみで、「世界一美しいロケット発射場」と呼ばれています。

ロケットエンジンンの燃焼試験や人工衛星やロケットの組み立て、人工衛星を搭載して、打ち上げ、追跡などを行っています。

1969年に前身の宇宙開発事業団(NASDA)のときに開設されました。

ロケットの打ち上げは赤道に近いほうがよく、当時は沖縄の返還前で、小笠原が返還直後のため、赤道に近い場所として鹿児島の種子島が選ばれました。

宇宙科学技術館もあり、管内では、ロケットや人工衛星、国際宇宙ステーションなどの展示も行っています。

スポンサーリンク

JAXAの筑波宇宙センター

  JAXAの「筑波宇宙センター」は、茨城県つくば市の筑波研究学園都市内にあり、略称は「TKSC」、1972年に開設しました。

TsuKuba
Space
Center

と、種子島宇宙センターの略称「TNSC」に対して「TKSC」となり、それぞれ2文字目で区別されています。

人工衛星の開発や運用、観測画像の解析などを行っていて、日本の宇宙開発の中心となっています。

また、国際宇宙ステーションの宇宙実験棟「きぼう」を使っての宇宙環境利用や宇宙飛行士の養成なども行っています。

ロケット広場には、全長約50mのH-Ⅱロケットが展示されていたり、展示館の「スペースドーム」では、人工衛星のモデルや実験に使われたロケットエンジン、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」の実物大のモデルなどが展示されています。

まとめ

  JAXAとは「Japan Aerospace eXploration Agency」の略で、正式名称は「宇宙航空研究開発機構」で日本の国立研究開発法人です。

JAXAの特に有名な施設として「種子島宇宙センター」があり、ロケットエンジンの試験やロケットの組み立てなどを行い、人工衛星を載せたロケットが発射されます。

また、「筑波宇宙センター」では、人工衛星の開発や運用、観測画像の解析などを行っていて、日本の宇宙開発の中心となっています。

人工衛星の打ち上げや、国際宇宙ステーションの「きぼう」での実験が、いろいろな生活に役立ってくれると嬉しいですね。

スポンサーリンク

-日常のいろいろ, 雑学いろいろ

執筆者:

関連記事

芒種

芒種(二十四節気)とはどういう意味?

スポンサーリンク  「芒種」という言葉はあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。 6月のカレンダーのところに小さい字で書いてあることもありますが、いったい芒種とはどういう意味なのでし …

アメダスってどういう意味?降水量や積雪について!

スポンサーリンク  天気予報を見ていると「アメダス」ってよく耳にしますが、いったいどういうものなのでしょうか?雨について観測しているから「雨だす(です)」みないなこと?? よく聞く言葉ですが、「アメダ …

いくら丼

いくらにアニサキスはいるの?処理は必要?回転寿司は大丈夫?

 いくらにアニサキスがいたっていう話を聞いたことがありますが、実際食べようとするときに「大丈夫かな?」って、ちょっと気になってしまうことがあります。 だからと言って、大好きないくらを食べないわけにない …

秋分

秋分の日とはどういう意味?春分と秋分について!

 9月になると秋分の日がありますよね。国民の祝日の一つになっています。なんとなく昼と夜の長さが同じ日、といったイメージですね。 スポンサーリンク この秋分の日はどのように決まっていて、どういう意味があ …

世界三大レースのモナコGP・インディ500・ル・マン24時間レース

世界三大レース(自動車4輪)とは、モナコグランプリ、インディ500、ル・マン24時間レースという3つのレースに対して呼ばれていて、5月から6月にかけて開催されています。 それぞれ長い歴史があり、特長が …