生活いろいろどっとこむ

このサイトでは、気になること、役立つことなどについてご紹介していきます。

日常のいろいろ

雨水(二十四節気)ってどういう意味?雛人形を飾る日?

投稿日:2017年8月3日 更新日:

雨水

 2月の立春の後に雨水(二十四節気)というのがありますが、どういった意味があるのでしょうか?

読み方は何と読むのでしょうか?

また、ひな祭りのひな人形は雨水に飾るということを聞きますが、どういう意味なのでしょうか?

スポンサーリンク

雨水ってどういう意味?読み方は?

 雨水(二十四節気)とはどういう意味なのでしょうか?雨水は二十四節気の2番目で読み方は「うすい」と読みます。

ぱっと見ると「あまみず」と読んでしまいがちなので、気を付けましょう。

また、二十四節気は12の「節気」と12の「中気」から成っていて、節気と中気が交互になっているのですが、節気の1番目が立春で、中期の1番目が雨水になります。

二十四節気では、立春の次に「雨水」になるのですが、毎年2月18日頃が雨水になります。

2月18日頃というのは、毎年固定されているのではなく、その年によって前後することがあります。

この日一日だけ雨水と呼ばれることもありますが、次の二十四節気である啓蟄(3月5日頃)の前日までの期間を「雨水」と呼ぶこともあります。

スポンサーリンク

それまでの時期は雪が降っていたところから、雪ではなく雨に変わり、降り積もった雪も解け始めて水に変わっていったり、草木が芽を出し始めるなどの意味があります。

また、農耕の準備を始める気候になってきたという目安にもされていました。

雪解けが始まったことで地面が潤い、春一番も吹き、春の気配を感じ始めます。

雨水は雛人形を飾る日?

 3月が近づくとお雛様を飾り始めます。

お雛様を飾るのは、雨水の日がいいと聞きますが、どんな理由があるのでしょうか?

雨水にお雛様を飾ると、良縁に恵まれるといわれています。

それは、雨水というのは、雪から雨に変わってきて、積もっていた雪も解けてきて水になるという時期です。

水は生命の源であり、生命の源は母、ということから、女の子が良縁に恵まれ、母となり子宝に恵まれるようにという願いが込められていたんですね。

まとめ

 雨水は二十四節気の2番目に当たり「うすい」と読みます。

毎年2月の18日頃が雨水になります。また、次の啓蟄の前日までの期間を雨水と呼ぶこともあります。

雪から雨に変わり、積もった雪が溶けだして水になることで、春を感じ始めます。

また、雨水にお雛様を飾ると、水は生命の源、生命の源は母ということから女の子が良縁に恵まれるといわれています。

雨水という言葉には、あまり馴染みがありませでしたが、このような思いがあったのですね。

スポンサーリンク

-日常のいろいろ,
-

執筆者:

関連記事

秋雨前線と梅雨前線の違い

秋雨前線と梅雨前線の違いは?そもそも前線や秋雨前線ってなに?

スポンサーリンク  秋雨前線と梅雨前線にはどのような違いがあるのでしょうか。 また、そもそも前線や秋雨前線とは、どういったものなのでしょうか。 スポンサーリンク 関連

処暑

処暑(二十四節気)とはどういう意味?食べ物は?

スポンサーリンク  8月のカレンダーに「処暑」と書かれているのを見かけます。漢字で見ると、暑そうなイメージは伝わってきますが、処暑とはどのような意味があるのでしょうか? 8月も終わろうとしているこの処 …

ゲリラ豪雨

ゲリラ豪雨とは?原因ってなに?夕立とは違うの?

スポンサーリンク  暑い夏の日に突然の豪雨。今では夏になるとニュースなどで「ゲリラ豪雨」という言葉をよく聞きます。以前はそれほど聞いた覚えはないのですが、ゲリラ豪雨による被害も多くなってきているので、 …

バターとマーガリンの違いはなに?

バターとマーガリンの違いってなに?お菓子づくりでは?健康面では?

 バターとマーガリン、なんとなく似ているので、バターがなくなっちゃったときに、代わりにマーガリンを、なんて思ったことありませんか? ついつい代わりに使っちゃおうとしますが、バターとマーガリンってどうい …

お彼岸のお供え、和菓子、洋菓子やお花、のしについて!

 お彼岸は1年に2回、春と秋にあります。 お彼岸のときには、お墓参りに行ったり、親戚を訪問したりするのが一般的です。 お彼岸の時に、お供えを持っていくときにはどういったものを用意したらいいのか見てみま …